読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIとDigitalの挟間で

SIer勤務のコンサル業務日誌。

仮面ライダーを題材に小学生に教える情報セキュリティ講座

LifeHack

f:id:si-digital:20170313135217p:plain

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/ex-aid/

先日、息子(小学3年生)と風呂のなかで表題の話になり、結構に刺さっていたので共有いたします。

議題は、「何故うかつにアプリをインストールしちゃいけないか?」

 

子「お父さん、マイ○ラの拡張アプリ入れてもいいでしょ」

父「お前、なんでもかんでもアプリ入れたら大変なことになるぞ」

子「なんで、いいじゃん。Youtubeでも紹介されてるし...」

父「知ってるか?中には悪いアプリもあって、楽しくゲーム遊んでうるちに、勝手にお母さんの写真とか、電話番号とか、メールアドレスとか盗まれたりするんだぞ」(※2)

子 (絶句)←なぜか「お母さんの」と言うと刺さるぽい

子「そんな悪いことする奴いないでしょ。」

父「何言ってんの?実はそのマイ○ラ(今朝見た)エグゼイドの、幻夢コーポレーションの黎斗(悪役でゲーム会社社長役※1)が作ってたとしたら、どうなると思う?」

 

子 (再度、絶句)「チョーヤベーなそれ。じゃあどうやってゲーム見分ければいいの?」

父「ほう 知りたいか?」

子「うん マジ知りたい!」

 

とまあ、そんな流れです。

イムリーな仮面ライダーの話題とシンクロさせることで、ゲーム大好き小僧の「情報セキュリティ意識」に、強烈な態度変容をもたらしてやりました。

 

 

その後の子供への講義としては、

#1 アプリやレビューやコメントをちゃんと読む。そして、勝手にインストールしないこと。
#2 ユーチューブは、「ヒカキン」だったらまぁ信じても良いことにする。
#3 危ないのでアンドロイドアプリは使わない。(我が家は原則、アップル)
#4 1日のゲーム時間を守る。お前も「ゲーム病」になるぞ(※1)

⇒ #4は、各家庭でお悩みの、ゲームやり過ぎないようにするという、ただの「しつけ」の話にすり替わっています。


▼参考情報


(※1)例え話のモチーフとなった仮面ライダー「エグゼイド」ストーリー
http://www.tv-asahi.co.jp/ex-aid/story/22/
第22話「仕組まれたhistory!」
※涙ながらに主人公に懺悔するゲーム会社社長。しかしそれはウソだった..

(※2)不正なアプリについて(参考)
http://www.pref.okayama.jp/kikaku/joho/keitai/mondai/fusei-app.html

一目瞭然(ローマ法王発表シーンに見るスマートフォンの普及)

デジタル

今日とある会社にてプレゼンテーションを受けていてのお話。

よくある「スマートフォン普及」の文脈で下記の(おそらく有名な?)二枚の写真が出てきた。

1文字の説明もなく、スマートフォンがいかに普及しているかを表すに

まさに「一目瞭然」という表現がふさわしいこの写真。

 

プレゼンテータさんのセンスと、この写真の素晴らしさの両面にて感銘を受けたのでメモまでに。

f:id:si-digital:20170225094340j:plain

 

f:id:si-digital:20170225094351j:plain

 

How Apple Has Changed The World In Just 7 Years [Picture = 1,000 Words] | Cult of Mac

 

CNN Student News & Amazon Fire TV Stickの良い感じの活用法

LifeHack

「効率的な仕事をしたいし、私生活も充実させたい」サラリーマンです。

 

グダグダと、長期に渡り、英語の勉強を続けてきました。

  • カフェでマンツーマン個人英会話レッスン
  • TOEIC参考書をいろいろ買ってみる
  • AmazonPrimeで英語字幕テレビドラマを観てみる
  • CNN Student Newsを通勤時間に聞く(見る)

etc、、

 

まぁ結果出ていませんよ。

しかし、先日「fire TV stick (とっても便利)」経由で、Youtube観ていたら、昔かじってたCNN Student News (今は、CNN 10となっている)を非常に良い感じで英語学習の素材にできそうだと再認識した次第。

 

今までは、CNNサイト(CNN Student News - CNN.com)から閲覧するか、podcast経由で取り込むか?しか知らなかったのだが、とあるチャネル経由でCNN10を見ると、字幕付きで閲覧できるのである。

▼これがそのチャンネル  「Daily Listening 」

www.youtube.com

①字幕なしで聞いても、たいていわからない。(もっと言うと字幕で理解できないものを聞いてわかるはずがない)

②CNNサイトには放映内容のTranscriptsはあるものの、文章だけ読むものツラい。

③このDailyListeningでCNNを見ると、ニュースが字幕付きで視聴できるのでアタマへ入ってきやすい。

 

最近の工夫では、
①まず、先にTranscriptsを読み込んで内容を先に把握しておき
②テレビでYoutube(字幕付きのCNN)を視聴する
というのがよさそう。

スマートフォンで小さな画面を見るよりも、実際のTV大画面で見た方が、「オレ海外ニュースを見てる」感もでるし、字幕も読みやすい。

 

そんな訳で、しばらくこのスタイルで取り組んでみるつもりである。

 

PS

合わせて、TV画面で見るYoutubeブルゾンちえみにどハマリしてます。

 

 

 

※2017.3.9 追記

上記のチャンネルは勝手チャネルのようでして、次々に削除されているようです。

そういう意味では、本来のCNNサイトに戻って視聴するしかないのですが、最近のサイトは映像を視聴しながら、トランススクリプトも読めるようになっているようでして、とても便利。

f:id:si-digital:20170309151720p:plain


f:id:si-digital:20170313095132p:plain

字幕も出てるし(数日遅れて追加される様子)本家サイトで十分ですね


世の中デジタルまみれ?

デジタル

この世界、只今「デジタル」が大流行り。

 

広告代理店が、「デジタルエージェンシー」を標榜したり、

コンサルティングファームがこぞって「●●デジタル」と看板を上げたり、

SIerですらデジタルマーケティング領域に手を伸ばしたりもする。

 

そもそも「デジタル」って何ですか?言葉の意味が広すぎるし、良くわからない。

数十年前から存在するパソコンだってある意味「デジタル」ではないか。


このデジタルというキーワードの何が今風(いまふう)の響きを醸し出すのであろうか?

 

というわけで、ネットや書籍の情報だけではなく業務現場で感じたことを、脈絡なくまとめていきたいと思います。

(正解は見えませんが)

 

1.デジタルマーケティングについて

 昔からあるインターネットマーケティング、WEBマーケティングが進化したものという印象。

例えば、インターネット広告なんて10年以上前から存在していて、広告の運用やらを人海戦術で行う。あるいはSEO対策だといってGoogleに振り回されながら膨大なHTMLコンテンツの修正を人海戦術でせっせと行っていた。

そこに、昔はマーケタにとっては川の向こう岸の存在であったITテクノロジーがこちら岸に近寄った為、自動化・汎用化・高度化・普遍化が進み、「Web屋」だけの世界であったインターネットマーケティングが、企業のマーケティング活動全体へも広まったものと思える。

例えば、

 ・マーケティングオートメーション

 ・DMP(プライベートもオープンも含め)

 ・プログラマティック広告

等々。これらに共通するキーワードに、ワントゥーワンが挙げられるだろう。

 

まだまだ発展途上のこの手法はレガシーなマーケタだけでは対応は厳しい。

異国の住人であるエンジニア達と協同で取り組んでいくようなイメージが強くなる。そして、大量のデータと隣り合わせになる為に、高度分析を行う人員もチームに必要になるはず。

 

2.デジタルエージェンシーとは

 日本のデジタルエージェンシーの定義は、何をもって行えば良いのでしょうか?
訳して「デジタルの代理店」だから電通デジタルはそれ、だとか?一方で、アクセンチュアデジタルは代理店じゃないから、違うとか?
じゃあ、WEB制作・WEBマーケティングに歴史が深いアイエムジェイは何だ?当てはまらないのか?いやいや、ACに買われたから、全体で「デジタルエージェンシー?」、、とか

なにが何だかよく分からない。

ただ、個人的には、国内のデジタルエージェンシーと言うと、広告領域に軸足置いた代理店系の企業かなという整理で着地させてます。

 

3.IoT 非ネット領域のデジタル

これもAIとセットでバズっているワードではないか?

ECサイトなどのインターネット系企業におけるビッグデータが、アクセスログトランザクションログだとすれば、IoTではメーカー系企業におけるセンサー系ビッグデータが主役となり、そして、その膨大なデータを活用することで「新しいサービスを生み出すのだ!」というなんだか謎の意欲を感じるワード。

 

「IoT とは」で検索して一番に出てきた記事より引用すると

「IoT」とは何か、今さら聞けない基本中の基本 | インターネット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「君、わが社でIoTを検討してくれないか」「とりあえずセンサーに繋げてみてはどうか」「人工知能は活用できているのか」などと無茶振りされる被害者が増えています

笑えますね。他に、「わが社でもAIを取り入れたいのだが」も頻出しそう。ていうか現場でよく聞きます。


 

4.デジタルトランスフォーメーション

(今後何度も推敲しながら整理したいと思いますが)

実業務に携わっていての所感としては、「デジタル変革」というカッコ良い響きのイメージとは程遠く、実態はデジタルシフト、デジタルトランスフォーメーションによってもたらされる新しい秩序の上位者にマウントする為に、縦割り組織同士がせっせと権力争いを繰り広げながら、各社各様にデジタル化に取り組んでいるという感じです。

永らく縦割り構造の中で組織風土が醸成されてきた中、突然「デジタル」とかいうカタカナ言葉によって、権限やKPIやコミュニケーションや様々なものを横串に再構成するわけなので、国内大企業でデジタルトランスフォーメーションは、基本無理があるんです。

 

 

 

---以降適時追記---

 

5.デジタルディスラプション

 

 

 

「要件定義」とは何をすることなのか?

SI

システム開発専業SIerならずとも、IT周辺で仕事をしていると、この「要件定義」という言葉をごく普通に聞き、当たり前のように使っている。

しかし、この「要件を定義する」という仕事の内容について、どこまで分かっていると言えるのだろう?

会社によって、部署によって、人によって”全くイメージが違う”何とも不思議な言葉なのではないか?

 

要件定義の内容差

  • 事業ユーザにとっての要件定義:
    「何をやるのか?」(やるべきか)を決めるステップ
     
  • SIerにとっての要件定義:
    「何をやらないか?」を決めるステップ

 

これぐらいの差はありと言える。

 

昨今のDigital化の流れの中で事業ユーザにとっては、上位層からの指示を受けて混沌とした中で業務施策の検討を行っている。与件は今から考える。
部門横断になることも多いから社内調整にもパワーがかかる中、何をどのようにやればよいのか?翻弄されている。

 

一方で、SIerは後続工程(設計工程)へのINPUTとして要件定義を考える。
即ち、与件はほぼ固まっている前提の上で、そのシステム要求の精度を高めることが重要。理由は一括請負開発の見積もりをぶらさない為。従ってあいまいな与件はどんどん切る。

 

この認識ギャップを誰がどのように埋めていくのか?

 

要件定義成果物の特徴

ちなみに、要件定義の成果物である要件定義書および付帯する資料についてもバラエティに富んでいる。

  • SIer
    要件定義書本編、画面一覧、バッチ一覧、I/F一覧..など

  • デザイン会社、エージェンシー
    要件定義書本編、ワイヤーフレーム(画面デザイン)..など

 

要件定義書本編とて各社各様な内容が出てくるが、顧客(業務ユーザ)目線で見ると、確定申告のフォーマットがごとく全国統一様式でもあれば、気が楽なのに、、と思う。